コール表:基本とスタンス

ライブに行ったら何をしたらいいか?

まずは演者をしっかり見るのが第一!
直接でもモニター越しでも構いません、
折角のライブです!

しかし曲に合わせてコールを入れる人は
沢山居ますし、出来ると楽しいです。
何より、同じ空間を共有する一体感は
ライブの醍醐味だと思います。

ライブというのは演者だけで
作るものではない、と自分は考えます。
メインキャスト、音響、演出スタッフ…
もちろん僕らもライブの空気を作る
一員といえると思います。

そして、「盛り上がってるよ!」
というのが伝われば、キャストも
心強いのではないでしょうか。

『みんなで叶える物語』

いつも元気をくれるキャストに、
応えたい、応援を届けたい。
会場の皆がそう思えたらいいなと
思っています。

主役のキャストと、支える僕らで
最高のライブにしましょう!


☆基本
まずは基本の説明です。
参考までに。

・合いの手
元々入っている掛け合い等です。
曲によって違いますので、
聞いて覚えるのが良いと思います。

コールは人によっても違いますし、
出来なくてもいいと思いますが、
合いの手は入れられた方が、
格好いいし楽しいですよ!
例:君の「キューティー!」
   君の「パンサー! イェイ!」


・PPPH
参考動画に飛びます。
PPPHというのは
「ぱん・ぱ・ぱん・ひゅー」
の略だそうです。

ラブライブの場合は、
リズムに合わせて声を出して
「おーーっ・はい!
おーーっ・はい!」
という感じでやります。


・警報

って奴です。PPPH前に入れて
会場を牽引するのですが、
タイミングがムズがしいので、
PPPHから合わせても良いと思います。
ワンダーゾーンは
タイミングがズレるので注意!



・裏打ち
裏拍に合わせて「Hi! Hi!」
と声を出します。裏拍というのは
「1・2・3・4・1・2・3・4」
の偶数のとこですね。

曲を流しながら実際にやってみると
わかりやすいです。


・裏跳び
裏打ちに合わせてジャンプします。


・オーイング
「Oh-」って奴です。


・Fu-Fu-FuwaFuwa
サビで「(1・2・3・4)Oh- FuFu!
(1・2・3・4)Fu-Fu-Fu-Fu-!」
という感じで入れたりします。
これも周りがやってたら、
合わせる程度で良いと思います。


・ワイパー
手を左右に動かします。
友情ノーチェンジのサビが該当します。


・Clap
クラップ、手拍子です。
一定のリズムで叩き続けたり、
もぎゅっとはAメロ、
ダンスタはサビで「タンタン!」
という手拍子があります。


・捧げ(ケチャ)
参考動画に飛びます。
動画のようにサイリウムを持った手
(素手でもいいですが)を、
リズムに合わせて下から上に、
祈りを捧げるように動かします。

大サビ前の曲が静かになる場所等で
やったりします。
会場は狭い場所が多いので、
基本的には腕だけでやる感じです。


☆ブログのスタンス
次に、このブログのスタンスを
ご案内します。
自分は曲が好きでそこから
ラブライブ!にはまったので、
やっぱり曲を第一にしたい、
と思っています。

個人的な考え・嗜好の説明ですし、
自分でも偏っていると思うので、
合わなそうだな、という方は
別の場所を参照した方が
良いかもしれません。


・原則「合いの手」最優先
合いの手がある場合は、
コールよりも合いの手を入れるのが
大事だと思います。
を活かすように出来たらな、と。


・コールは基本ライブ準拠
既存のライブやコール表を
参考に作っています。


・曲の間に名前を叫んだりしない
これはスタンスというよりも、
マナーかも知れません。
想いは合いの手やコールに込めるか
MCの時にやりましょう。

例外として「にこっ!」
という合いの手は結構あるのと、
好きですが好きですか?
のように台詞を全面に推した曲は
高まってもOKだと思います。


以上です。
共感して頂けたら嬉しいです。


この記事へのコメント